クイシンボウヤマザトセイカツハジメマシタ
b14ef20c.jpg

フランスにいる頃、大好きでしばしばパン屋さんで買っては食べていた定番おやつ、フラン。

簡単に言えばカスタードパイ。

マルシェ(市場)でも時折「フラン屋さん」なるものが出ていたりしているほど、フランスではとても身近なもの。

作る人によって硬さや厚みやパイ生地などが微妙に違うので、いろんなところのフランを食べたくなる。

忘れられないフランは、トゥールーズだったかバイヨンヌだったかでマルシェに出ていた分厚いフラン。ちょっと硬めのプリンといった感じのアパレイユ(フィリング)でパイ生地はサックサク。

素朴なミルクの味が優しく、大きいのに友人と2人でぺロリと平らげてしまったような憶えがある。

久しぶりに食べたくなってパルロワでも作ってみました。

あの味ではないけれど、やっぱり素朴なお菓子っていいなと再確認です。

 

 

Comments

    • シマダ's comment
    • 10 April 2007 23:36
    • フランスに行ってる日本の自転車選手たちは、練習の時にブーランジェリーに寄っては、でっかいフランを買って頬張っているそうですよ。

      そいつが、きつい練習の時の唯一の楽しみだとか。
    • さぁ's comment
    • 11 April 2007 21:49
    • シマダさん、

      そうなんですね!
      みんな大好きなカスタード味ですもんね。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
Archives
  • ライブドアブログ